枕木を使ったエクステリアのDIYについて

枕木は、電車のレールの下に敷かれている木材などのことで、最近はこの枕木を利用したエクステリアが人気になっていますし、DIYで設置したいと考えている人も多いでしょう。そこで今回は、枕木を使ったエクステリアにはどんなものがあるのかや、枕木を使うメリット・デメリットについて紹介します。

枕木を使ったエクステリアの種類としては、玄関アプローチや、駐車場、門柱、花壇の土止めなどがあると言えるでしょう。「玄関アプローチ」や「駐車場」は、枕木を横向きにして地中に埋めるもので、「門柱」は縦向きにして地面に突き立てるというものになります。設置には、穴掘りや砕石詰め、モルタルによる固定が必要になりますが、DIYでも十分可能です。そして「花壇の土止め」については、横向きに並べるだけで済むので簡単ですし、2段重ねにする場合も釘などで固定すればOKです。また枕木は、他にも工夫次第でさまざまなものに活用できると言えるでしょう。

枕木を使うメリットとしては、「自然で優しい風合いがある」ということがまず挙げられます。天然の樹木をそのまま切り出したものなので、植物との相性が良いですし、経年劣化によって味わい深い雰囲気になるのも魅力です。そして枕木は、電車を支えるだけの耐久性があるのでとても「頑丈」ということもメリットだと言えます。また、エクステリアで使う材料としては「比較的安い」というメリットもあり、ホームセンターなどで気軽に購入することができます。

一方で枕木を使うデメリットとしては、「長く使っていると腐食する」ということが挙げられるでしょう。もともと枕木には防腐処理がなされているのですが、それでも、地中に埋めたりして使用すると腐食してきます。そのため、定期的な交換が必要になるという点に注意すべきです。しかし最近は、木製の枕木そっくりのコンクリート製のものもあるので、腐食を避けたいのであればそうしたものを選ぶのもよいでしょう。